容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「舛ノ山が初の敢闘賞 妙義龍は2連続技能賞」:イザ!

  1. 2012/07/31(火) 22:50:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
大相撲名古屋場所千秋楽の22日、三賞受賞力士が決まり、持ち前の押し相撲で自己最多の11勝を挙げた21歳の平幕、舛ノ山が初の三賞となる敢闘賞を受賞した。千秋楽の勝利が受賞条件だった2力士は、後半まで優勝争いに絡んだ平幕の魁聖が隆の山を押し出して11勝目をマークし、2度目の敢闘賞に輝いた。鶴竜、把瑠都の両大関を倒した新小結妙義龍は豪風を下して勝ち越しを決め、2場所連続3度目の技能賞を獲得した。殊勲賞は4場所ぶりに該当者がなかった。

関連ニュース

「日馬富士、全勝優勝に「まだ緊張」」:イザ!
「私らしさって?マイペースな美女レーサー 宇野弥生」:イザ!
「日馬富士、全勝優勝に「まだ緊張」」:イザ!

アフィリエイトASP一覧

LIBOR問題、金利不正操作に刑事罰…欧州委が規制案発表

  1. 2012/07/30(月) 22:49:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 【ロンドン支局】短期金利の指標であるロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題で、欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会は25日、LIBORなどの不正操作に刑事罰を科すとした規制強化案を発表した。 規制強化案では、金利指標の不正操作を「犯罪行為」とした上で、虚偽の情報提供などに対して「当局の処罰を科すべきだ」と主張している。また、規制の対象は、LIBORや欧州銀行間取引金利(EURIBOR)にとどまらず、金や農作物、原油などの商品指数などにも広げるとしている。 欧州委は、こうした規制強化と同時に、銀行に対する監視も強める方針だ。 欧州委のレディング副委員長は25日の記者会見で、「あらゆる法の抜け穴をふさぎたい」と述べた。(2012年7月26日読売新聞)

関連ニュース

「作り手のこだわり炸裂!今“バカゲー”がアツイ」:イザ!
英金利不正操作「米対応は適切」…ガイトナー氏
韓国GDP減速…4〜6月期、輸出不振

金沢市

中島美嘉「バイオ」シリーズ最新作日本版の主題歌に決定

  1. 2012/07/29(日) 20:49:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Array

「フェイスブックなど安値更新…米「SNSバブル」破裂」:イザ!

  1. 2012/07/28(土) 18:49:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【ニューヨーク=松浦肇、ワシントン=柿内公輔】インターネット交流サイト(SNS)の成長性に陰りが見え始めた。SNS最大手の米フェイスブックが26日発表した上場後初の四半期決算は最終損益が1億5700万ドル(約123億円)の赤字。25日にはフェイスブック、ソーシャルゲーム最大手ジンガ、割引クーポン購買で知られるグルーポンの株価がそろって上場来安値を更新するなど、過度な成長期待がはがれ落ちた。フェイスブックの2012年4〜6月期決算は主力の広告事業が堅調で、上場費用を除けば実質黒字を確保した。ただ、時間外取引でフェイスブック株は一時10%超下落した。フェイスブックは5月に、ネット企業最大のIPO(株式公開)の触れ込みでナスダック市場に上場したが、景気や広告頼みのビジネスモデルへの懸念から、株価は公開価格の38ドルを大幅に割り込み、上場以来、36%も値下がりした。マンハッタンに住む個人投資家が毎月集まる情報交換会で先月末、話題になったのはSNSへの投資だった。SNSは米ネット広告市場シェアで約1割を占める規模まで急成長し、ウォール街では昨年から、SNSの上場が相次いだ。SNSの創業者はテレビ番組にも引っ張りだこ。フェイスブックの創業者、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が映画のモデルになるなど、米国でのSNSの知名度は高い。だが、投資家たちの結論は「待て」だった。総じて、株価の割高を強調する見方が多かった。

関連ニュース

「「新生野村の再出発に期待」と松下金融相」:イザ!
逃走フラミンゴ、今度は紋別に 一夜で220キロ移動
「ただのバラマキ?消費税法案修正で公共事業が新たな火種」:イザ!

パチンコ・パチスロ動画攻略

ホルムアルデヒドで断水、千葉県が賠償請求へ

  1. 2012/07/27(金) 18:49:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 千葉県の森田知事は26日の記者会見で、5月に利根川水系の浄水場の水道水から国の基準を超える化学物質ホルムアルデヒドが検出され、県内約35万7000世帯で一時断水した問題について、原因物質を排出した「DOWAハイテック」(埼玉県本庄市)に、断水対応の経費約4000万円の損害賠償を請求する考えを示した。 松戸市などで構成する北千葉広域水道企業団も約4400万円を請求する。野田市も賠償を求める方針だ。 県と同企業団が請求する経費は、原因物質を除去するために取水場で水に投入した粉末活性炭や水質検査の費用、職員の時間外勤務の人件費など。知事は記者会見で「損害賠償請求について対応していく」と述べた。 原因物質ヘキサメチレンテトラミン(HMT)は同社が産廃処理業者に委託し、分解が不十分なまま河川に放出された。HMTは水質汚濁防止法などの規制の対象外だが、DOWAハイテックは2003年にも同様の流出事故を起こしているため、県は「HMTを川に流せばどういう事態が起こるか予見できた」(水道局)として、過失責任を問えると判断した。 県は同企業団のほか、同様に断水などの被害があった東京都と埼玉、茨城県と連携して近く同社と交渉を始め、賠償の支払いに応じない場合は訴訟の提起も検討する。 野田市は請求可能な被害額を算定中で、「弁護士と相談し、できるだけ早い時期に請求したい」(水道部)としている。(2012年7月27日17時40分読売新聞)

関連ニュース

介護保険サービス利用者、初めて5百万人超える
森喜朗元首相の引退、地元自民県連は慰留せず
ホワイトハウスが発表、首相は「ヨシコ・ノダ」

安い

DTIブログって?

次のページ