容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「【Campus新聞】茨城・八千代町 農業サクセスストーリー(上)」:イザ!

  1. 2012/05/10(木) 00:49:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
「第2の開国だ」−などと声高に叫ばれて、大きく揺れる日本の農業。日本の農業を元気にする方法はあるのだろうか。そのためには、何が必要なのか。法政大学自主マスコミ講座の学生記者が、首都圏にも近く、若者の就農率が高い茨城県八千代町のサクセスストーリーを聞きつけて取材し、日本の農業について考えた。◇□今週のリポーター法政大学自主マスコミ講座≪実習生制度で大規模経営実現≫「ポルシェやフェラーリなどの外車を乗り回している農家の人もいる。年商1億円以上にのぼる農家もあるらしい。本当にすごかった」早稲田大学に通う友人が授業で農業研修を終え、そんな話をしてくれた。それを聞き、自分が考えていた農業のイメージとのギャップに驚いた。身近ではない農業に、正直、あまり関心はなかった。「日本の農業」は、農家の高齢化が進み、価格面で輸入物に負けているといったマイナスイメージすら持っていた。それが根底から覆されたような感覚を覚えたのだ。野菜の産地でさえも興味は湧かなかったが、いまでは産地に敏感になった。■行政一体でサポート「茨城県結城郡八千代町」がその「すごい農業」を実践する地方自治体だった。はじめて聞く地名だった。日本にこんなにも農業が盛んな地域があったのか。ここに行けば将来の日本の農業も明るくなるキッカケがわかるかもしれない。そんなことを考えていたら、自分の目で確かめてみたくなった。八千代町へと向かった。

関連ニュース

大阪・夢洲でがれき処分へ 府市、セシウム吸着検討
LG、スマートTVを日本投入 22〜55インチ
LG、スマートTVを日本投入 22〜55インチ

無料ホームページ比較一覧

DTIブログって?