容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「「反復練習の成果」2千安打のヤクルトの宮本」:イザ!

  1. 2012/05/05(土) 18:49:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
「努力」という言葉がよく似合う。史上最年長の41歳5カ月での快挙。現役を続ける秘訣(ひけつ)を「反復練習の成果」と言い切る。城石憲之内野守備走塁コーチは「打席に入る前は相手投手の傾向が書かれたメモを熱心に見ている。研究熱心で今も打撃技術は進化している」と驚く。際だった選手ではなかった。小柄でPL学園高の進学の際は「10年早い」と揶揄(やゆ)された。当時、1学年上には片岡篤史氏(阪神打撃コーチ)、立浪和義氏(元中日)らがいた。「自分でやらないと置いていかれる環境。自分で考えながらいろいろ工夫した」。同高の恩師、中村順司さん(現・名商大野球部監督)は「みんな練習していたからね。その中で切磋琢磨(せっさたくま)して成長した」と証言する。早くから一流選手の背中を追いかけ、自然と練習の大切さを学んだ。同高では2年時に春夏全国制覇。だが、3年時は春夏とも甲子園の土を踏めなかった。天国と地獄を10代で経験した。今もチーム内でふがいないプレーをした選手を一喝する。勝利へのこだわりは誰よりも強い。プロに入り、アテネ、北京五輪では日本代表の主将も務めた。若手に煙たがられるのをいとわず、時には厳しい言葉も口にした。「勝つ喜びも負けたときの惨めさも他の人よりも分かっている」

関連ニュース

「猛打DeNA、15安打12得点で圧勝」:イザ!
「松井秀、レイズ初練習…地元紙「特別待遇なし」」:イザ!
「元プロ野球の古田選手、子どもたちに特別授業」:イザ!

dvd売上ランキング

DTIブログって?