容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

北ミサイル強行後の対応、日韓と中国に依然ミゾ

  1. 2012/04/09(月) 12:49:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
北朝鮮 【寧波(中国浙江省)=石田浩之】日本、中国、韓国の3か国外相は8日、中国・寧波のホテルで約2時間会談し、北朝鮮が「人工衛星」と称して予告したミサイル発射問題について、北朝鮮に自制を求める努力を続けることで一致した。 ただ、発射された場合の対応で、制裁強化など厳しい対処を求める日韓両国と、冷静な対応を求める中国との溝を埋めるには至らなかった。 会談には、玄葉外相、中国の楊潔チ(ヤンジエチー)(よう・けつち)外相、韓国の金星煥(キムソンファン)外交通商相が出席した。 会談後の共同記者発表で、玄葉氏は「発射が強行されれば、明確な国連安全保障理事会決議違反であり、対話の流れに逆行する」と北朝鮮をけん制し、金氏は安保理に強い対応を求める意向を表明した。これに対し、楊氏は「関係諸国が冷静さと自制を保ち、平和的な形で問題を解決すべきだ」と語り、慎重な姿勢を崩さなかった。(2012年4月9日10時48分読売新聞)

関連ニュース

退職者の企業年金減額、条件緩和を厚労省が検討
女性管理職15%目標の市、しかし女性の意識は
女性管理職15%目標の市、しかし女性の意識は

アニソン 神曲

DTIブログって?