容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

北の湖親方、理事長復帰…不祥事から3年4か月

  1. 2012/02/01(水) 22:49:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
日本相撲協会の理事長に選ばれ、記者会見する北の湖親方=小林武仁撮影 任期満了に伴う日本相撲協会の理事選挙は30日、東京・両国国技館で投開票が行われ、弟子の大麻問題や八百長問題で理事長と理事を退いた北の湖親方(58)(元横綱)と、弟子の八百長問題で理事を引責辞任した九重親方(56)(元横綱千代の富士)が返り咲き、選挙後の新理事会で北の湖理事が理事長に選出された。 3年4か月ぶりの理事長復帰で、相撲協会では史上初。 北の湖理事長は「相撲協会に残りの人生を全て懸ける覚悟で取り組む」と、協会運営への決意を述べた。 今回は、定数10(外部理事を除く)に対し過去最多の12人が立候補した。両親方のほか、現職は貴乃花親方(39)(元横綱)ら4人で、新人は八角親方(48)(元横綱北勝海)ら6人だった。九重親方は1票差で現職候補を退け、新人も5人が当選した。北の湖親方は経験や知名度から無風で理事長に選ばれた。(2012年1月31日01時14分読売新聞)

関連ニュース

元小結岩木山が断髪式、中畑監督らがはさみ
相撲協会最後の理事選挙、立会演説会も開催
北の湖・九重の両親方返り咲く…相撲協会理事選

金沢 おいしいパン

DTIブログって?