容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「【シネクラブ】「ハードロマンチッカー」 グ・スーヨン監督 無骨な自らの原風景」:イザ!

  1. 2011/11/30(水) 20:49:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
映画監督のほかにも、CM演出、小説執筆と多方面で精力的に活動するグ・スーヨン監督(50)の新作「ハードロマンチッカー」は、半自伝的なデビュー小説を映画化したバイオレンスアクションだ。「大上段に構え、世の中に何かを訴えようという意図はないし、とりわけ在日韓国人2世の出自を前面に押し出したわけでもない。僕は故郷の下関(山口県)の若者が暴力に明け暮れていたあの退廃的な日常を振り返っただけ」。グ監督は、無骨な青年だった自身の原風景を確かめたかったようだ。

関連ニュース

「【シネクラブ】「クロサワ映画2011 笑いにできない恋がある」 黒沢かずこさんインタビュー」:イザ!
「渡辺謙、古川さん帰還に「運命を感じる」」:イザ!
「【シネクラブ】繊細さにこだわる「トランスフォーマー」第3作発売へ」:イザ!

インターネット懸賞情報局

「稀勢の里と豊ノ島 刺激受ける“琴奨世代”」:イザ!

  1. 2011/11/28(月) 06:49:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
大相撲九州場所3日日(15日、福岡国際センター、観衆=3245)琴奨菊の大関昇進に最も刺激を受けているのは、新弟子時代、相撲教習所で机を並べたこの2人だろう。稀勢の里と豊ノ島だ。豊ノ島は琴奨菊とは高知県内の別の高校に通ったライバルで、初土俵は平成14年初場所の同期。稀勢の里は3学年下だが中学を卒業してすぐ角界入りしたため初土俵はわずか1場所遅れの同年春場所である。ずっと近い番付でしのぎを削ってきた。

関連ニュース

「稀勢の里と豊ノ島 刺激受ける“琴奨世代”」:イザ!
「元朝青龍が場所観戦 支度部屋立ち入りに非難も」:イザ!
「鶴竜、攻めの姿勢出せず 関脇対決で初黒星 大相撲九州場所」:イザ!

パチンコパチスロ解析攻略

「暴君オーナーvs火の玉監督…5回クビ、5回再雇用の珍コンビ」:イザ!

  1. 2011/11/25(金) 14:49:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ヤンキースのスタインブレナー・オーナーはスタッフを頻繁に代えることで悪名が高かった。1973年から90年までに監督を19回解任。球団社長を5人、ピッチング・コーチを15人、GMを13人クビにした。なかでも、ビリー・マーチンほど解雇と雇用が繰り返された監督はいなかった。火の玉のような監督と暴君は激しい愛憎関係にあり、いい時はチームがペナントレースで優勝。悪い時は、テレビカメラの前で火花を散らせた。

関連ニュース

「アスレチックス、松井との年俸調停申請せず」:イザ!
「日本の「クレメンテ」たち」:イザ!
「【今、何が問題なのか】大リーガー誘拐」:イザ!

アニメ一覧

まだやりたいっす…「関取」土俵際の高見盛

  1. 2011/11/23(水) 00:49:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 一年納めの大相撲九州場所で、西十両10枚目の高見盛(東関部屋)が、力士人生を懸けて土俵に上がっている。独特の存在感と、気合注入パフォーマンスでおなじみの人気者も、今年に入ってから4場所連続で負け越し。35歳になって衰えは隠せないが、「まだやりたいっす」と奮闘中だ。 東前頭12枚目だった昨年九州場所で8勝7敗と勝ち越してから、今年はすべて負け越し。番付はジワジワと下がり、秋場所で十両に転落、今場所は下位まで落ちた。大きく負け越せば関取の座を失うところまで追い詰められた。尻に火がついた今場所は、中日を終えて、4勝4敗と一進一退の土俵が続いている。 かつては相撲観戦の「定番」とも言えた高見盛の取組だが、十両に転落してからは観客の少なさも相まって、盛り上がりは今一つ。相撲も全盛期の粘りがなくなり、あっさりと土俵を割る場面が増えた。(2011年11月21日12時06分読売新聞)

関連ニュース

日馬「心の中では応援」稀勢の里に意地の一番
日馬「心の中では応援」稀勢の里に意地の一番
琴奨菊に土、白鵬は全勝守る…九州場所10日目

無料メール比較一覧

巨人・原沢新代表が原監督と会談

  1. 2011/11/20(日) 08:49:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 巨人の新たな球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM)に就任した原沢敦常務取締役が19日、秋季キャンプ中の宮崎市を訪れ、原辰徳監督と約1時間、来季の編成方針などを話し合った。 18日に清武英利代表兼GMの解任を発表した記者会見で桃井恒和球団社長は「編成作業はいったん白紙に戻さざるを得ないかと」としていたが、原沢代表は「結果的に元に戻るものもあるし、変わるものもあるだろう」と語った。 今後のチーム作りについて「もちろん責任を持つのは私だが、球団には優秀なスタッフがいるので、意見やアドバイスを求めたりすることが必要だと思う」と述べた。コーチ陣や選手にも個別に説明した。 20日はジャイアンツ球場で二軍の首脳陣と会談する予定。(2011年11月19日18時54分読売新聞)

関連ニュース

巨人、ドラフト5位の高橋と仮契約
巨人、ドラフト5位の高橋と仮契約
芯の強い投手育てたい…巨人・阿波野二軍コーチ

ネット 副業

DTIブログって?

次のページ